仁徳天皇陵古墳(百舌鳥・古市古墳群)トリビア

仁徳天皇陵古墳(百舌鳥・古市古墳群)トリビア

・当ホテル、『シティホテル青雲荘』は、仁徳天皇陵古墳から2番目に近いホテル(約3km)

・今回の世界遺産登録については、令和最初であり、大阪府下でも初の世界遺産登録となる。

・全長約486m/後円部径約249m/高さ約35.8m/前方部幅約307m/高さ約33.9mの日本最大の前方後円墳で、徒歩で一周するには約1時間かかる。

・堺市民には、『御陵』と呼ばれ親しまれており、『御陵通』などの通り、地名の由来となっており、また、堺市の地区名や町名にも、陵西・陵南・向陵(北東)など、この古墳からの方角にちなんで付けられたものがある。

・最も墳丘に近づけるのは正面の拝所で、二重濠の外側堰堤まで立ち入ることができる。

・あまりの大きさに、全体を見ることが難しい『仁徳天皇陵』だが、比較的よく見えるポイントが3か所ある。(残念ながら、それでも全体がみえるわけではない・・・)

  1. 永山古墳南側の陸橋の上 
  2. JR百舌鳥駅南側の陸橋の上
  3. 堺市役所高層館21階展望ロビー

※一番きれいに見ることが出来るポイントは、 関西空港着陸の旋回中の飛行機の窓から

仁徳天皇の逸話『民の竈(かまど)』
wikipedia

謎のキャラクター【ハニワ課長】とは?
http://sakai-arukikata.jp/haniwa/